VISITはちのへとは?

目標とビジョン

VISIT はちのへは、持続可能な地域づくりのための仕組みを構築していきます。

加速度的に進む地方の人口減少と地域経済の縮小。私たちは、こうした地域課題に正面から取り組むべく、「交流人口の拡大」と「地域産品の振興」を両輪とした事業を展開するため、2019年4月、ここに立ち上がります。八戸圏域の魅力を国内外への発信し、地域ブランドの確立(信頼関係の構築)を図り、来訪者を増加させビジネスチャンスを広げることで、新たなビジネスの創出と雇用の拡大、定住人口の増大につなげていきます。

事業スキーム

交流人口の拡大と地域産品の振興に向け、DMOが有するMarketingとManagementの両機能を活かした取組を展開
※DMO 〜Destination Marketing/Management Organization

Marketing

[ツーリズム]
国内外に向け、デスティネーションマーケティングを実施し、とりわけ、インバウンド対策の強化を図るため、周辺DMO等との連携による“北東北広域デスティネーション”を形成

[MICE]
世界水準の屋内スケート場や多目的アリーナの整備(行政)による集客機能向上を活かしたMICE誘致を展開
※MICE ~Meeting,Incentive,Conference/Convention,Event/Exhibition

[地域商社]
圏域8市町村の基幹産業である地域産品の振興を図るため、「地域商社」や「EC(E-Commerce)」機能を実装

Management

[会員制度]
圏域の様々な事業者と協調した取組を進めるため、メンバーシップ等を整備

[受入環境整備]
来訪者の快適かつ円滑な移動手段の確保を図るため、圏域内外の交通事業者との連携による環境整備

[地域内連携]
関係市町村との良好かつ適切な役割分担に基づく連携体制を構築

[人材育成]
サステナブル(持続可能)な地域づくりのため、観光・物産振興の取組を通じて地域の将来を担う人材を育成

組織図

組織図

沿革

沿革